DRBDとPacemaker、Heartbeat、CorosyncのEOLについて

LINBITのソフトウェアのサポートを続けていると、DRBDもそうですが、DRBDと組み合わせて広く利用されているPacemaker、Heartbeat、Corosyncについても、サポート期限のご質問を多くいただきます。

LINBIT社のクラスタースタックサービスでは、それぞれのOSのEOLがサポート期限です。

RHELシリーズの場合は次のようになります。

  • RHEL 8  未定
  • RHEL 7 2026年予定
  • RHEL 6 2024年
  • REHL 5 2020年11月

※CentOS等のRHEL互換のディストリはRHELに準じます。

なお、各RHELシリーズでLINBITがサポート可能な、DRBD、Pacemaker、Heartbeat、Corosyncの組み合わせは次のようになります。(2019年11月時点)

REHL 8

  • DRBD 9
  • DRBD Proxy
  • Pacemaker 2.0 + Corosync (予定)

RHEL 7

  • DRBD 9.0
  • DRBD 8.4
  • DRBD Proxy
  • Pacemaker 1.1.12 + Heartbeat 3.0.6
  • Pacemaker 1.1.12 + Corosync 2.3.4
  • Pacemaker 1.1.15 + Heartbeat 3.0.6
  • Pacemaker 1.1.15 + Corosync 2.3.6
  • Pacemaker 1.1.19 + Corosync 2.4.4
  • Pacemaker 1.1.20 + Corosync 2.4.4

REHL 6

  • DRBD 9.0
  • DRBD 8.4
  • DRBD 8.3
  • DRBD Proxy
  • Pacemaker 1.0.12 + Heartbat 3.0.6
  • Pacemaker 1.0.12 + Corosync 1.4.7
  • Pacemaker 1.1.13 + Heartbat 3.0.6
  • Pacemaker 1.1.13 + Corosync 2.3.4
  • Pacemaker 1.1.15 + Heartbat 3.0.6
  • Pacemaker 1.1.15 + Corosync 2.3.6

※REHL 5の情報は割愛します。