DRBDとPacemaker、Heartbeat、CorosyncのEOLについて(2021年3月版)

2019年11月にDRBDとPacemakerのサポート期限(EOL)を紹介しましたが、LINBIT社の情報が更新されたので、各パッケージのサポート期限をあらためて紹介します。
情報は2021年3月時点のものです。情報のソースは本ページの末にあるリンクを参照ください。
 

DRBD サポート期限

DRBD リリース番号LINBIT開発期間サポート期限
8.0.0 – 8.0.162006年3月– 2009年3月2018年末
8.3.0 – 8.3.162008年11月 – 2013年9月2022年末
8.4.0 – 8.4.122010年12月– 2019年7月2026年末
9.0.0 –2011年6月 – 2021年12月2030年末
9.1 –2021年2月 –2034年末

開発期間を終了すると各パッケージはメンテナンスリリースのみ行われ、新機能の追加が行われなくなります。

 

Pacemaker サポート期限

パッケージのバージョンサポート期限
Heartbeat2024年7月
Pacemaker 1.0.x2020年12月
Pacemaker 1.1.x2024年7月
Pacemaker 2.0.x2029年6月

CorosyncはPacemakerに含まれます。例えばPacemaker 2.0.xのCorosyncは2029年6月までサポートされます。

最新の情報はLINBIT社のサイトで公開されています。LINBIT社の情報を確認したい方は下記のアイコンをクリックしてください。

LINBIT社サポート詳細